芸能@虎の穴

芸能@虎の穴は、主に気になる芸能ニュースを紹介しているまとめブログです。
面白い、お気に入りの記事があればぜひ探してみてください。

    芸能@虎の穴は、主に気になる芸能ニュースを紹介しているまとめブログです。
    面白い、お気に入りの記事があればぜひ探してみてください。

    タグ:菅田将暉



    (出典 realsound.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    俳優の菅田将暉(25)が主演を務める日本テレビのドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日曜後10・30)第6話が10日放送され、
    菅田演じる高校教師・柊一颯(ひいらぎ・いぶき)の熱血指導がネット上で話題となった。

    3年A組を担任する高校教師の柊がクラスの生徒29人を人質に取り、自ら命を落とした生徒の*真相について、卒業式までの10日間で「最後の授業」を行うという学園ミステリー。
    テンポの良いドラマ展開と、回を追うごとに生徒たちの“素顔”と教師・柊の“思い”が明らかになっていき、視聴者を魅了している。

    第6話では女優の福原遥(20)扮する女子生徒・水越涼音が、水泳部顧問の坪井勝(神尾佑)から執拗な嫌がらせを受けて、水泳部を辞めざるを得なくなったと告発した動画を撮影。
    だが、告発内容は真実と違っていたことが判明する。
    動画の配信は柊が未然に防いでおり、ネット上で拡散されることはなかった。「良かった…」と安堵する涼音に対して、柊は「何が良かったんだ?」と激高する。

    「何が良かったんだ、おい?お前がこの動画をネットに流そうとしたことに変わりはない。違うか?」と最初は静かに問いかける柊だったが、
    涼音が「でも…」と反応すると「“でも”じゃないんだよ。この動画が世間に広まったら、坪井先生がどんな目に遭っていたのかよく考えたのか!なあ、考えたのか!?
    お前の不用意な発言で、見に覚えのない汚名を着せられ、本人が家族が友人が傷つけられたかもしれないんだ」とまくしたてた。

    生徒たちが“しょうがない”“もう反省している”と許しを請うと、柊は「何がしょうがないだ?何が反省しているだよ。
    お前らいい加減目を覚ましてくれよ。変わってくれよ!何がいけなかったのか、上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだよ。
    目の前に起こっていることを、ちゃんと目で受け止めて、頭に叩き込んで胸に刻むんだ。お前らそれをしないから何回も何回も同じこと繰り返すんじゃないのか。本質から目を背けたらダメなんだよ!」と激怒。

    「お前たちはもう感情に任せて過ちを犯せる年齢じゃないんだよ。それが許される年齢じゃないんだよ。考えて、考えて考えて答えを出すんだ。
    だからもっと、自分の言葉に、自分の行動に責任を持てよ!いいか、お前の他愛もない言葉ひとつで誰かを救うことができるかもしれない。でも、その一方で傷つく誰かがいるかもしれないということを忘れるな。
    お前の言葉ひとつで簡単に命を奪えるってことを忘れるな!」と思いを伝えた。

    ネットでは菅田の迫真演技を称賛する声が続々。「先生の演技凄かった!」「菅田将暉の言葉めちゃくちゃ心に刺さる」
    「本質をついている」という声とともに、最近次々と発覚する不適切動画問題に絡めて「最近の不適切動画アップしちゃうヤツにも言ってるみたい」
    「SNSにバカな動画あげる前に柊先生の言葉聞いてほしい」などの声もあった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16005722/
    2019年2月11日 17時19分 スポニチアネックス


    【【3年A組】菅田将暉演じる教師の熱弁が話題に「心に刺さる」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★

    若手実力派俳優が勢ぞろいした豪華キャストと、サスペンスフルな展開で高視聴率をキープしているのがドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)だ。
    本作で、一人の女子生徒の死を巡る3年A組生徒の人間関係をえぐり出していくのが、菅田将暉演じる主人公の教師・柊一颯。緊張感あふれる物語をけん引する彼にまつわる多くの謎に迫りたい。

    1つ目の謎は、自*た女子生徒・景山澪奈(上白石萌歌)と柊の関係だ。ドラマの中では度々回想シーンとして、柊が澪奈をモデルにして絵を描くシーンが登場。
    そして第2話では柊が、澪奈をおとしめる目的でSNSにフェイク動画を投稿した宇佐美香帆(川栄李奈)に対して「景山はお前を恨んじゃいなかった。
    むしろ“自分のせいだ”と言っていた」と吐露。柊が澪奈の死にこだわり、彼女の声を代弁する姿には、2人の“ただならぬ関係”さえも予感させられる。

    2つ目の謎は柊自身の過去。第1話の序盤では歯向かってくる男子生徒を力でねじ伏せると、あ然とするクラス一同に対して「こう見えても昔はアクション俳優を目指していたんだ」と告白する。
    第1話と第2話では本編の中に断片的に特撮ドラマを思わせる映像もインサートされており、この映像に柊がどのように関係しているのかも興味が尽きない。

    さらに第2話で描かれた3つ目の謎は、かつての恋人・相楽文香(土村芳)の存在。文香は柊にとって前任校の同僚でもあるが、前任校の校長によって、文香が柊に暴力を振るわれていたことも明かされている。

    4つ目の謎は、柊が爆発物の取り扱いに精通しているところ。彼が学校中に仕掛けた爆弾はどこで調達し、その知識や技術をどこで身につけたのかも今後明らかになるのかもしれない。

    第1話の冒頭で柊は、校舎の屋上に立ち「この瞬間を持って、俺の授業は完結する」とつぶやくとそのままダイブ…。
    本作最大の謎とも言えるのは、果たして彼は何を思い、卒業間際の生徒を人質に取ったのかという点。
    菅田の熱演とともに、この“事件”が迎える最期を見届けたい。(文:スズキヒロシ)


    http://news.livedoor.com/article/detail/15894884/
    2019年1月19日 9時0分 クランクイン!


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 news.walkerplus.com)


    【【3年A組】菅田将暉が演じる教師をめぐる5つの謎に迫る!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★

    俳優の菅田将暉主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが10日、女子生徒役の福原遥の動画を投稿。
    映像に収められた福原のチャーミングな姿に「天使ですか?」「反則級にかわいい」などのコメントが相次いだ。

    投稿された動画は10日放送の第6話を告知する内容のもの。
    動画には第6話でフィーチャーされた女子生徒・水越涼音を演じる女優の福原が、口をとがらせながら笑顔でおどける姿が収められていた。

    放送された第6話は、かつて水泳部に在籍していた涼音が顧問のパワハラを告発。犯人探しが行われていた“フェイク動画”の黒幕についても涼音は“顧問が犯人に違いない”と確信し、それを動画でインターネット上に投稿しようと計画する。
    しかし劇中で顧問が黒幕ではないことが明かされると、菅田演じる教師の柊一颯が涼音の軽率な行動を責め立て、彼女は思わず号泣してしまうというシーンが描かれた。

    特に菅田の気迫あふれる芝居に大粒の涙で応える福原の演技に対しては放送後、公式インスタグラムにファンから「涼音ちゃん主役の回嬉しかった」「素晴らしい演技でした」「迫真の熱演にジーンとさせられた」などの声も寄せられていた。

    ドラマの迫真の演技と打って変わって、福原のキュートな姿を収めた動画にファンは「かわいい」「天使ですか?」「可愛すぎかよ」「かわいすぎて衝撃レベル」とメロメロの様子だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16005662/
    2019年2月11日 16時52分 クランクイン!

    https://www.crank-in.net/gallery/news/62475/2



    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 news.walkerplus.com)



    (出典 news.nifty.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【3年A組】福原遥 号泣演技とのギャップ! 「反則級にかわいい」】の続きを読む



    NO.7208837 2019/01/21 15:14
    “共演者キラー”菅田将暉…次は永野芽郁が狙われる!?
    “共演者キラー”菅田将暉…次は永野芽郁が狙われる!?
    ドラマ終了後、ホットなニュースが飛び込んでくるのだろうか。

    1月13日放送の菅田将暉主演のドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)第2話の平均視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、初回10.2%から上昇した。

    菅田はゴールデン・プライム帯の民放連ドラ初単独主演。

    自殺した女子生徒の死の真相を暴くため、生徒29人を人質にとる異色の教師役を演じている。

    菅田に監禁される生徒役のヒロインは永野芽郁。

    2017年公開の映画『帝一の國』では恋人役を演じているとあって、息もピッタリな様子だ。

    「現在、母親と2人暮らしをしているという永野は、男性との浮いた話がひとつもなく、ファンからは“処女説”もささやかれる清純派。そんな彼女を、とある芸人が狙っているとのウワサが持ち上がったことで、警戒した所属事務所はマネジャーを増員して彼女をガードしていると聞きます」(テレビ関係者)

    心配なのは芸人だけではない。

    菅田といえば、名うての“共演者キラー”として知られ、流した浮名は枚挙に暇がないほど。

    「昨年2月にお泊まりデートがスクープされた菜々緒とは、9月頃に破局しているようです。他にも本田翼、小松菜奈、門脇麦、二階堂ふみなど、共演した女優とは、ことごとく熱愛に発展している。永野とは映画で共演していますが、菅田はある程度のレベルに達した女優でないと手を出さないのが特徴。その後、永野はNHK朝ドラ『半分、青い。』の主演で知名度は全国区となりましたから、菅田の毒牙にかからなないかと、ファンも心配しているようです」(芸能記者)

    永野の所属事務所は、さらにガードを固めたほうがよさそうだ。
    【日時】2019年01月21日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【“共演者キラー”菅田将暉…次の標的は永野芽郁か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ