芸能@虎の穴

芸能@虎の穴は、主に気になる芸能ニュースを紹介しているまとめブログです。
面白い、お気に入りの記事があればぜひ探してみてください。

    芸能@虎の穴は、主に気になる芸能ニュースを紹介しているまとめブログです。
    面白い、お気に入りの記事があればぜひ探してみてください。

    カテゴリ:芸能 > アイドル


    韓国なんだ!

    NO.7308328 2019/03/05 13:03
    AKB高橋朱里 卒業&韓国デビュー「PRODUCE48」きっかけでスカウト
    AKB高橋朱里 卒業&韓国デビュー「PRODUCE48」きっかけでスカウト
    AKB48の高橋朱里(21)が4日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた自身の「生誕祭」公演で、グループから卒業し、卒業後に韓国の芸能事務所、ウリムエンターテインメントから再デビューすることを発表した。

    アンコールでW報告すると、場内からは驚きの声。

    高橋は、昨年参加した韓国のオーディション番組「PRODUCE48」がきっかけでスカウトされたと明かし「今以上に輝かなければいけないと思い、この決断をしました」と説明。

    卒業時期や再デビュー時期、拠点を韓国へ移すかなどの詳細は後日発表する。

    高橋は2011年に12期研究生のオーディションに合格し、12年に正規メンバーに昇格。

    AKBグループの選抜総選挙は16年に15位、17年に11位、18年に12位で3年連続選抜入りを果たした。



    【日時】2019年03月05日 00:11
    【ソース】サンケイスポーツ


    【【韓国デビュー!?】AKB高橋朱里 卒業後は海外で。】の続きを読む


    テレビなんてそんなもんだ。

    NO.7303748 2019/03/03 12:56
    指原莉乃「おじさんしか出てない」 バラエティ番組に不満
    指原莉乃「おじさんしか出てない」 バラエティ番組に不満
    今回の放送ではMCの中居正広をはじめ指原、陣内智則、ヒロミ、バカリズムらが出演し「世直しの窓」と題して、「いい加減、あれ直した方がいいんじゃないの?」と世の中の問題点を発表しあった。

    指原は、「テレビ番組の直したい部分」として「バラエティにおじさんしか出てない」というフリップを披露。

    「おじさんMCの方が安心感があるのは分かる」と前置きをした上で、フジテレビ社内に掲載されていた「テレビ革命」というポスターに出ているのが梅沢冨美男や坂上忍であることに疑問を感じたと明かした。

    「革命」と謳っているわりには、今までと変わらず、安定感のある出演者で制作されている番組について「若手がドン! じゃなくておじさんがブンッ!」とツッコミを入れ、スタジオを笑わせた。

    ここで陣内がバラエティ番組のMC平均年齢が47歳であることを発表。

    すかさずバカリズムが「画面が(おじさんばかりで)茶色い」と切り出すと、ヒロミも「出演者全員が50代のときある!」と同調し、「その中でもおじさんの中に食い込んでいるんだから、指原は大したもの」と称賛していた。



    【日時】2019年03月03日 11:30
    【ソース】クランクイン!


    【【おじさんしか出てない!?】指原莉乃 バラエティを斬る!】の続きを読む

    バランス感覚がないのかなんなのかw

    1 湛然 ★

    3/1(金) 4:30 スポーツ報知
    元乃木坂・斎藤ちはるアナが「羽鳥慎一モーニングショー」に抜てき…宇賀なつみアナ後任

     テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)のアシスタントに、元乃木坂46で4月入社予定の斎藤ちはるアナウンサー(22)が起用されることが28日、明らかになった。3月末をめどに退社する宇賀なつみアナ(32)の後任になる。

     斎藤さんは乃木坂1期生で、白石麻衣(26)らの同期。選抜メンバーとして活躍した。昨年7月に卒業し、現在は明大4年生。「入社したばかりの未熟者の私がこのような大役をおおせつかり大変緊張しております」と初々しいコメントを寄せた。

     同局では2003年に前田有紀アナ(38)が入社月に「やべっちF.C.」に出演したほか、宇賀アナも09年4月1日、入社式当日夜に「報道ステーション」の気象キャスターとしてデビューしている。


    入社早々のレギュラー番組が決まった斎藤ちはるアナ


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00010001-spht-ent


    (出典 www.interest-all.com)



    (出典 Youtube)


    【【元乃木坂・斎藤ちはるアナ】アイドル時代のアイマスク足踏みが奇行種wwwwwww【動画】】の続きを読む

    嫌だろうけどアイドルなんだからw

    NO.7297013 2019/02/28 11:12
    近藤真彦、握手会は「嫌で嫌でしょうがない」と失言も反省
    近藤真彦、握手会は「嫌で嫌でしょうがない」と失言も反省
    AKB48グループをはじめとする多くのアイドルグループが行う、CDリリース時の握手会イベント。

    一方でジャニーズアーティストは、商品に応募券を封入し、当選したファンをイベントに招待する例はあるものの、購入者が直接タレントと触れ合える機会は滅多にないパターンだ。

    ジャニーズの重鎮・近藤真彦も、こうした数少ないファンサービスを行った一人であり、ラジオ番組『近藤真彦くるくるマッチ箱!』(文化放送、2月26日放送)では、握手・サイン会に対する本音を打ち明けた。

    この日は、近藤の楽曲にまつわる思い出を取り上げる「マッチリクエスト」コーナーにて、2010年に行われた『近藤真彦 30周年記念 あの街この街マッチとデート 想い出ツアー』に参加したファンからのお便りを紹介。

    リスナーは全国ツアー初日となる岐阜公演を見に行き、「CD購入者にはあとから特典がある」とのお知らせを目にするも、「ポストカードか何かだろう」と考え、当時の新曲「ざんばら」(10年2月発売)を買わなかったとか。

    ところがその後、CD購入特典は「握手と、CDにサインするというシークレットサプライズ」だと判明。

    「都会じゃない田舎の小さなホールで何百人にサインすることに決めたマッチのファン思いと、そのチャンスを逃したことを思い出しつつ……」などと、悔しさの残るエピソードを綴っていた。

    これを受け、近藤は「覚えてる、これ。あった、あった」と回顧し、「嫌で嫌でしょうがなかったんだ、俺。ホントにそう。嫌でしょうがなくて。でも、まぁやったんだよ」と、笑いながら告白。

    さらには、「要するに、これを全国で(コンサートが)終わった後、握手をして。まぁ、久し振りのコンサートだし、全国ツアーだったから『やろう』って話になったけど、『それは無理だ』っつったの」「でも、ここの岐阜はもうスタートしちゃったから。終わってから『どうしてもやってくれ』って言われて。もう、本当嫌だったの、俺。疲れちゃってて。でもまぁ、やらせていただきましたよ」と、悪びれる様子もなくぶっちゃけた。

    スタッフサイドは次の会場においても「やる」と判断したそうだが、「それはもう無理だ」と突っぱねたといい、「『じゃあ、次からどうするか』って言って、俺は『お買い上げいただくCDに、とにかく全部サインする』と。だから、コンサート会場入ったら、たぶん500枚ぐらいいつもサインしてたよね、俺。まずそれが仕事だったから。その代わり、握手は免れて。(中略)大変なんだもん。コンサート終わってから握手会は、やっぱりさ。いや、10代、20代の頃はいいよ。でもやっぱりさ、もう40(代)後半でしょ? この頃は。コンサート終わったらさ、体力も失っちゃってるから、(お酒を)飲み行きたいっつーの!」 と、率直な心情を吐露。

    ともにパーソナリティを務める文化放送・舘谷春香アナウンサーが「早く飲みに行きたいから(握手は)やりたくなかったってことですか?」と指摘したところ、近藤は「失礼いたしました。ファンファーストでございます!」「よろしくお願いします!」と急に控えめな口調になり、自ら問題発言をフォロー。

    いつも飾らない発言が持ち味とはいえ、さすがにファンの気持ちを考えて思い直したようだ。

    すっかり態度をあらためた近藤は、その直後も“ファンファースト”の姿勢を続行。

    22〜23年前、石川・金沢にある有線(USEN)が流れる画廊で働いていたというリスナーの希望により、番組ではシングルのカップリング曲「LOVE」(1997年)を放送。

    当時、このリスナーは開店前に有線で近藤の曲をリクエストし、優しい歌声に癒やされつつ、地道な作業をに取り組む日々を送ったそう。

    舘谷アナが「幸せな気持ちで、朝のひとときを過ごしていたことを思い出します。これからも素敵な歌声を聞かせてください」とのメッセージを読み上げると、近藤は、「こういうね、メールをいただくと歌手冥利に尽きますね。歌を歌っててよかったな、っていう。あらためてね。歌って素晴らしいな。ファンって素晴らしいな。握手ぐらいしなきゃダメだな。当たり前ですよ。ほんっとに失礼だよね、もう。そうだ! 握手会やろう、今度」と、数分前の暴言を反省。

    しかし、舘谷アナが「握手会やりますか? やります?」と踏み込めば、「うん、うん……今度ね、今度」と言葉を濁し、「『今度』と言いますのは、具体的には出さないわけで?」と問われた際も、「そうか、やっぱりでもうれしいじゃないですか」と、さりげなく話を逸らす始末だった。

    昨年末の『ジャニーズカウントダウン2018-2019』や12月のディナショー以降、歌手活動で表舞台に出る機会が減っているものの、先日はKONDO Racing監督の近藤がプロデュースするランニングイベント『第9回イイコトチャレンジ』が2月3日に神奈川・日産スタジアムで開催されたばかり。

    現在のところCDリリース情報は明らかになっていないが、果たして年内に握手会は実現するのだろうか……?
    【日時】2019年02月28日 08:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【【嫌で嫌でしょうがない】近藤真彦、衝撃の告白で批難されるwwwwww】の続きを読む

    おかえりすばるさん!

    1

    渋谷すばる「サイト開設」で全世界のTwitterトレンド入り 「生存報告をお伝えしたいと思い」「愛してます」
    2019/2/28 14:40

    「渋谷すばるです。」――元関ジャニ∞のメンバーで、2018年いっぱいで
    ジャニーズ事務所を退所した、渋谷すばるさん(37)を名乗るウェブサイト
    「shibutanisubaru.com」の存在が確認され、ファンが騒然となっている。

    サイトは、2019年2月28日の昼ごろからツイッターなどのSNS上で話題に。

    ■海外を旅する様子が動画で公開

    シンプルな構成で、本人からのものとされるメッセージとともに、
    渋谷さんとみられる人物が映った動画が公開されている。
    動画は、海外を旅する様子がギターの伴奏とともに収録されたもの。
    時に白い歯を見せて笑いながら、異国の街角を歩く姿が映し出されている。

    掲載されたメッセージは、「ご無沙汰しております」から始まり、
    「出来るだけ早くご挨拶と、生存確認をお伝えしたいと思い」サイトを開設したと説明、
    「愛してます」の一文で締めくくられている。

    本人だとすれば、退所後、動静が伝えられてこなかった渋谷さんの久しぶりとなる情報発信となる。
    それだけにファンは騒然、
    「聞きたかった......待ってた.........すばる.........変わってない......すばる......」
    「生きてて良かった」
    「楽しそうに旅してる...良かった」
    「愛してます。がなんとも渋谷すばるだなぁ...」
    などといったツイートが殺到している。

    ツイッターでは13時すぎから、「すばるくん」「渋谷すばる」といったフレーズが、
    多くつぶやかれた言葉を集計する日本版のトレンドで上位にランクイン。
    さらに全世界のトレンドにも、14時20分現在「すばるくん」が5番手に、「渋谷すばる」が8番手にそれぞれ入っている。

    なお、「shibutanisubaru.com」のドメインは2018年11月に取得されたことが、whois検索から確認できる。

    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2019/02/28351485.html
    動画の一場面。笑顔を見せる渋谷さん

    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 www.j-cast.com)


    【【画像あり】元関ジャニ∞・渋谷すばる 自身のサイト開設で元気な姿】の続きを読む

    このページのトップヘ